自立支援事業

自立援助ホーム「ハレルヤ・ファミリー」

義務教育終了後に児童養護施設や児童自立支援施設等を退所したけれども、 未だに自立する事が出来ない不安定な生活をしている青少年がともに生活をしています。
「家庭的雰囲気で、安心した生活ができる環境」を提供し、生活指導ならびに就業の支援を行い、社会的自立への手助けをしています。また必要に応じ、退居した後も、継続的に援助を行います。
(入居対象者は15歳から20歳の青少年です。行政機関が、家族での養育が期待できない、あるいは不適切であると判断した者、 且つ自らホームへの入居を希望し、就労と社会的自立の意思が明確な者とします。定員6名。)

自立準備ホーム  「ハレルヤホーム」

「緊急的住居確保・自立支援対策」にもとづいて、人々に一時的に住居を提供し、自立を促す施設。刑務所を出所したものの行き場所が無い人、野宿状態になってしまった人、一人暮らしで何らかの依存症になってしまった人などを受け入れ、一時的に住居を提供し、再起を助けます。定員1名